在宅勤務、さぼってしまう!?

在宅勤務、さぼってしまう!?

こんにちは。
アウトドア好きの「山と海」です。

昨日はサテライトオフィスで勤務した際の所感をまとめましたが、本日は在宅勤務です。
テレビや趣味の物、布団、酒、家族など、”さぼりの悪魔”が仕事をさせまいとあの手この手で心の隙を突っついてきます。

はてさて、無事に悪魔の業務妨害を無視して作業が遂行できたか見ていきましょう。

準備

まず、仕事開始前にお茶を仕込みます。
水出しOKのお茶なので、水道水にお茶パックを入れて放置するだけ。
お茶葉を煮出して、そこから冷やす作業って面倒なので、私は水出しOKのものを好みます。

通勤自体がカットされるメリットは大きく、その時間を普段後回しになりがちな家事に使うことができます。気になっている細かいタスクが消化できるので、スッキリして精神衛生上もよろしいかと思います。

でも私は、電車の通勤時間がそれほど悪いものだとは思っておりません。
娯楽が何もない空間を強制的に作れるので、勉強だったり何かをじっくり考える時間として使えます。

ついつい楽な方に流されてしまう自分にとっては電車に揺られる時間は意外と役に立っています。

業務開始

勤務時間になり、いつもよりラフな服装でパソコンの前に座ります。

本日の装備はこちらの通りで基本的には昨日と全く同じです。(装備の説明は昨日の記事をご参照ください)


違うところがあるとすれば、ラジコンやギター、けん玉、自宅PCなど趣味のおもちゃ等に取り囲まれていることぐらいです。

業務は滞りなく進む

メールや電話でのお客様対応、資料作成、契約書チェック、社内打ち合わせなど午前中の業務は滞りなく進みました。
本日はいつでも声が出せる環境です。
打ち合わせで声を出すこともでき、また電話が掛かってきた時も人のいないところに移動せず、その場ですぐに出ることができました。

お昼ご飯

自宅の近所に気になっているスープカレー屋さんがあるのですが、お店の営業時間と私の行動時間が合わず、一度も入店できたことがありません。

しかし今日は平日のランチタイムということもあり、すんなり入ることができました。
店内はアジアンテイストの雰囲気です。

50代ぐらいのお母さんが一人で切り盛りできる程の席数で、6割ぐらいの席が埋まっている感じでしょうか。
「チキンとキノコのスープカレー」をいただきましたが、チキンがほろほろになるまで柔らかくて煮込んであり美味でした。

在宅勤務のおかげで近所の気になる店を開拓できたのは思わぬ収穫です。

パートナーとのWebミーティング

大阪のパートナー企業とのWebミーティングを実施しました。

先方は2名で大阪のオフィスから参加されました。
私たちも2名で参加しましたが、それぞれ神奈川と千葉の自宅から在宅勤務でしたので、合計3か所からのミーティング開催となりました。

ちょっとした音声トラブルはあったものの、資料を画面共有しながら問題なく議論ができました。

Web会議は、移動の時間と費用がゼロになることもメリットですが、話がまとまりしだい気軽に終了できるのも地味にありがたいポイントです。
遠方から打ち合わせに参加されている方がいると、「せっかく来ていただいたのに短時間で終わるのは申し訳ない」という配慮からか、時間が長引いてしまうことがありますが、Web会議ではそれがない印象です。

こういった積み重ねが生産性の向上をもたらすのかもしれません。

社内ミーティング

Web会議ですと社内ミーティングに関しても普段より早く終わる気がしますが、一方で話す方と聞く方の表情や身振りなど音以外の情報が欠落しているので、長期間対面の会議をせずWeb会議だけとなると、認識の相違が発生してしまうなど、いろいろと副作用をはらんでいるのでは、とも思いました。

2020年 東京オリンピック

業務の妨げ要因として”家族”があります。

私は一人暮らしなので、今回のテレワーク期間中は問題はありませんが、東京オリンピックの際は親や兄弟家族などが泊りに来る予定になっています。
甥っ子や姪っ子などのチビッ子が合わせて3名おり、猛烈な妨害に合ってしまいそうです。

現在借りているマンションは、トイレ以外の全ての部屋が襖タイプの引き戸で鍵がかかりません。
鍵付き個室がある部屋への引っ越しも視野に入れておく必要がありそうです。

エアコンのこと

在宅勤務はエアコンの温度を自分に最適化できるので、暑がりな自分にとってはとても良かったです。

東京オリンピック時は、日本国内どころか世界中から東京周辺に人がなだれ込むことが予測されていますが、東京の電力需給は問題ないのでしょうか?
宿泊施設は埋まり、空き家も民泊になり、各家庭の客間もすべて埋まり、エアコンがフル稼働することになりはしないかと考えております。

この暑さでエアコンなしは辛い。電気が足りなくなる可能性も頭の片隅に入れておいた方が良いかもしれません。

以上が在宅勤務の所感となります。

結果として、特に身の回りのおもちゃなどは全く気にならず、終始仕事モードでいられました。
これで3日間、無事にテレワークを継続できました。

テレワークデイズも残すところ2日間となります。
予定ではコワーキングスペースに滞在することになっていますが、オープンスペースが抱える「電話に出られない問題」と「離席が大変問題」があるため、それらが解決できず業務に支障がありそうな場合は、予定を変更するかもしれません。

なるべくなら新しいことを試して楽しみながら業務を遂行したいので、自宅ではないところに挑戦してみたいと思います。

楽しくテレワークカテゴリの最新記事