テレワーカー応援サイト「パステレ」サイト更新停止のお知らせ

FreeWi-Fiは安全?危険?情報漏洩に気を付けよう!

FreeWi-Fiは安全?危険?情報漏洩に気を付けよう!

街にあふれるフリーWi-Fiスポット

私たちの生活にインターネットが深く浸透したことを受けて、いまや街中にはWi-Fiスポットが多く存在します。
Wi-Fiスポットとは、ネットワークに接続・利用できる場所のこと。
そこで使用できる無料のWi-Fiが、いわゆるフリーWi-Fiです。

今やWi-Fiスポットは、コンビニ、カフェ、カラオケ、空港やホテル、駅の構内をはじめ、コワーキングスペースやサテライトオフィス、レンタルオフィスなど様々な場所に設置されており、その施設を利用する人であれば簡単にフリーWi-Fiを使用することができます。
フリーWi-Fiを見つけると、通信料が節約できる!とつい気軽に使ってしまう人も多いでしょう。

しかしフリーWi-Fiは、本当に安全なのでしょうか?
うっかり個人情報や重要な情報を盗られないよう、日々心掛けるポイントを紹介します。

1、フリーWi-Fiの提供元を確認しよう

フリーWi-Fiが飛んでいたら、まずはどこが提供元なのかを確認しましょう。
フリーWi-Fiは大きく分けて、二つの種類があります。

・提供元が明確になっているWi-Fi(カフェ、ホテルなど店舗が提供)
・提供元が不明確なWi-Fi(野良Wi-Fiと呼ばれる)

通常、フリーWi-Fiは、店が客へのサービスの一環として提供しています。
しかし野良Wi-Fiの中には、公共のWi-Fiになりすまして接続した人の通信を傍受しようとする危険があるのです。

ウイルス対策セキュリティソフトのノートン(シマンテック)では、フリーWi-Fiの危険性について漫画や動画で分かりやすく解説しています。


【出典:知らないと怖い?! フリーWi-Fiの落とし穴/Norton 画像は公式サイトより引用】

 

むやみに知らないWi-Fiに接続することは避けた方が賢明です。

2、フリーWi-Fiの暗号化を確認しよう

フリーWi-Fiには、暗号化されているものと、非暗号化のものがあります。

鍵マークがついていないWi-Fiは、暗号化されていないため、第三者から通信を傍受される危険性があります。
特に業務のメールや資料送信、重要なデータの受け渡しにセキュリティ保護なしのWi-Fiを使用するのは、絶対にやめておきましょう。

3、Wi-Fiのセキュリティレベルに気を付けよう

では、提供元が分かっている鍵マーク付きのWi-Fiならば安全かというと、一概にそうとは言えません。
暗号化の強度が弱いと、簡単に通信を傍受されてしまう可能性があるからです。

Wi-Fiなどの無線LANのセキュリティには段階的にレベルがあります。

フリーWi-Fiがどのセキュリティ規格を採用しているのかは、提供元に確認するか、Wi-Fiに接続した後にプロパティを見てチェックしましょう。

テレワークでのWi-Fi利用は特に注意!

オフィス以外の場所で仕事をするテレワークでは、「セキュリティ対策」が非常に重要になってきます。

会社は基本的に外部の人間が入ってくることが無いため、それ自体がセキュリティの箱のようなものです。
普段オフィスで働いていると、打ち合わせの電話やインターネットも何気なく使用していますが、外で仕事をしようとするとそうはいきません。
誰かに打ち合わせの会話を聞かれているかもしれない、閲覧した情報や送信メールを傍受されているかもしれない…そんな不安を抱いた方も少なくないのではないのでしょうか。

特にカフェやコワーキングスペースなど、外出先で仕事をする場合は、十分留意する必要があります。

会社支給、個人のモバイルWi-Fiが安心

仕事でインターネットを利用する際は、フリーWi-Fiの利用は控え、会社支給や個人契約のWi-Fiを利用しましょう。

このようなWi-Fiでは、Wi-Fiの説明書や本体の裏などに記載されている、暗号キー(パスワード)の入力が必要となります。
通信は暗号化されているため、悪意のある第三者に傍受される危険性は少なくなります。
Wi-Fiを紛失したり落としてしまい、誰かにキー見られる…と言うことが無ければ、安全性は高いと言えるでしょう。

ただ、個人のWi-Fiには容量制限があることが多いため、注意が必要です。
制限に引っかかってしまうと、通信速度が非常に遅くなり、仕事に支障が出てしまいます。

契約中のサービスの容量を確認する、1日容量無制限プランを使用するなど、使用前に十分確認しておきましょう。

まとめ:フリーWi-Fiを使用する際のポイント

①提供元を確認する
②暗号化されているWi-Fiを使う
③セキュリティ規格がWPA、WPA2のものを推奨

また、利用するサイトやサービスがSSL(暗号化通信)になっているかも重要です。
URLに暗号化マークがついているかを常に確認し、安易に個人情報を入力しないようにしましょう。

Wi-Fiはとても便利なサービスですが、反面、情報漏洩のリスクも付きまといます。
どうせ大丈夫だろうなどと油断せず、情報は自分で守るものと心掛けて利用していきましょう。

    お役立ち情報カテゴリの最新記事