お役立ち情報

どこで働く?テレワークにお勧めの場所を紹介!

テレワーク、あなたはどこで働く?

いざテレワークをしようと思っても、会社以外で働こうとすると案外場所の選定に困るものです。
そこでテレワークができる代表的な場所を、メリット・デメリット・実践レポと共に紹介します!

自宅

一番身近で慣れ親しんだ自宅。
在宅勤務ならば、外出準備や施設利用といった費用も掛かりません。
また、昼休憩に家事を片づけたり、家族との時間を持ったりと、スキマ時間の有効活用も可能になります。

しかし中には、仕事とプライベートのメリハリがあいまいになる、第三者の目が無いためサボってしまうといった声も。
在宅勤務をするならば、PC周りや椅子、マウスといった作業環境を整えて、集中しやすい状況を作ることが重要です。

メリット

・外出準備や通勤時間が不要
・費用が掛からない
・休憩時間を家事等に有効に活用できる

デメリット

・仕事とプライベートのメリハリが付きにくい
・人の目が無く、だらける可能性がある
・作業環境を整える必要がある

自宅テレワークの実践レポ

  

 

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、ざっくり言うと各企業が提供している作業が可能なスペースです。
規模や形態も様々なので、自分に合ったコワーキングスペースを見つけるのも楽しいでしょう。
会話がOKになっている所も多く、利用者同士で新たな出会いや創造を見つけることも可能です。

メリット

・比較的安価で長時間の利用が可能
・多種多様な設備があるため自分の目的に合わせて場所を選べる

デメリット

・荷物の管理に注意が必要
・会話や雑音で集中できない場合がある

実践レポ

 

 

カフェ

カフェでテレワークすることもできます。
人の目がありBGMもあるカフェでは、緊張感があるのでだらけず集中できます。
ただ混雑時は長居が難しいこと、また注文が必須なので費用が掛かる点には注意です。

メリット

・人の目があるのでだらけない
・食事ができる

デメリット

・注文による金額がかさむ
・混雑時は時間制限がある

実践レポ

  

 

サテライトオフィス

オフィスに近い環境で仕事をしたいなら、サテライトオフィスを利用する手もあります。
サテライトオフィスは電源、印刷機、電話用ブース、会議室など一通りの設備が揃っています。
ただ、事前に利用登録が必要であったり、予約で埋まっていると当日利用ができないケースがあるため、利用規定をしっかり確認しておきましょう。

メリット

・設備が揃っておりオフィスのように働ける
・仕事専用の環境のため私語も少ない

デメリット

・事前に利用者登録が必要
・飛び込みでの当日利用が難しい(確認必須)

実践レポ

 

河川敷やキャンプ場でテレワークもできる!?

いかがでしたか?
今回は代表的な場所をピックアップしましたが、テレワークは場所を限定せず仕事が出来る点が最大のメリットです。
パステレでは場所を限定しないテレワークとして、河川敷テレワークやキャンプ場テレワークをした人もいます。

 

皆さんもぜひ固定概念にとらわれず自分の仕事が捗る場所を見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です