自然災害、コロナウィルス…なぜ今テレワークなのか

自然災害、コロナウィルス…なぜ今テレワークなのか

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、政府が不要不急の外出を控えるよう呼びかける中、テレワークや在宅勤務を導入する企業が増えています。

ここでは、改めてテレワークの概要から、テレワークの社会的価値、準備する物や導入にあたっての注意点など、実際にテレワークをしたことがある人間が噛み砕いてお伝えします!

テレワークとは

テレワークは、「情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」のことです。
(出典:一般社団法人日本テレワーク協会

情報技術の進歩によって、社外からでも社内ネットワークにアクセスし、仕事が出来る環境が実現されました。

特にテレワークは、自宅で仕事が出来る点から、台風や地震といった災害時、今回の新型コロナウィルスのようなパンデミック時に有効な働き方とされ、東京オリンピック2020の混雑緩和対策にも取り入れられています。

また、育児や介護により在宅の必要がある人、家庭の事情で都心に住めない人でも、場所に縛られず働ける点から、ワークライフバランスの重視や、優秀な人材の確保のため、一部の企業が積極的に導入を進める動きも広がっています。

このようにテレワークは柔軟な働き方が実現できる画期的な方法…のはずですが、残念ながら実際の導入率は全体企業の2割ほどに留まっています。

テレワーク、リモートワーク、在宅勤務の違い

「政府がテレワーク推奨!」
「在宅勤務への注目が高まる」

最近はこういったニュースが多く報道されていますが、これらは一体何が違うのでしょうか?

実はテレワークは、自宅、外出先、利用施設など、働く場所によって呼び方が区別されています。

在宅勤務自宅でパソコンやインターネットを使い働くこと
モバイルワーク外出先(顧客先や移動中)でパソコンや携帯電話を使って働くこと
施設利用型テレワーク=サテライトオフィスやコワーキングスペースなど会社以外の別拠点で働くこと

つまり、「在宅勤務」はテレワークの中のひとつの働き方になります。

また、テレワークのような働き方を、「リモートワーク」と呼ぶこともあります。
リモートワークは自宅やサテライトオフィス、レンタルオフィスなど、オフィス以外の遠隔地(リモート)で働くことです。

少し前まではリモートワークという呼び方が普及していましたが、東京オリンピックに向け、政府主導で「テレワーク・デイズ」への参加を呼び掛ける取り組みが活発になりました。
そのため最近はテレワークの方が耳にされる機会が多いかもしれません。

実際のテレワーク導入率

便利な働き方を実現するテレワークですが、最初に述べた通り、テレワークの普及率は残念ながらまだまだ低い状況です。

テレワークに消極的な50~60代

総務省における企業のテレワーク導入状況は、2018年は13.9%、2019年は19.1%。
わずかに増加しているものの、全体の2割程度にとどまっています。

また、総務省によるテレワーク利用意向調査では、テレワーク利用に肯定的なのは20代が多い一方、年代が上がるほど人数は減り、一番消極的なのは50~60代でした。
ちょうど企業における決定権を持つ世代ですね。

私の父もちょうどこの世代ですが、正直IT関連の知識はあまりありません。
テレワークの仕組みがいまいちわからない、本当に仕事が出来るのか不安…と躊躇ってしまうそうです。

テレワークには社会的価値がある働き方

ひと昔前までは、「仕事=会社に行くもの」が固定概念でした。

しかし、台風などの自然災害時や、今回の新型コロナウイルスの流行では、満員電車を避け、テレワークをすることが混乱や感染の拡大を避け、従業員の精神的・肉体的負担の軽減につながることは明白です。
つまり、テレワークには働き方改革の面だけでなく、社会的全体にとって価値がある働き方だと言えます。

組織の上に立つ人間には、何か起こったら対策を考えるのではなく、常に情勢や新しい技術を積極的に取り入れ、非常時にはいち早く行動し、対処方法の先陣を切ってほしいものです。

テレワーク導入が難しい職種がある

ここまでテレワークについて簡単に説明をしてきましたが、職種によってはどうしてもテレワークが難しい場合も多く存在します。
医療関係者、建設業や接客業など、現場で仕事をしている人々にとっては、そもそもテレワークができないというケースが多々あります。

こういった人々のためにも、テレワークをできる人々が実践することで、満員電車を極力減らすといった、間接的な働きやすさを提供することが可能になります。

テレワークは本人だけでなく、周囲の人々、ひいては社会全体の働きやすさにつながる働き方です。
できるところから、ぜひ積極的に取り入れていきましょう。

テレワークの持ち物

それでは、現在テレワークの中でも特に注目が高い、在宅勤務で準備すべき物を紹介します。
テレワークをするには色々と準備が必要です。
また実際にやってみると、会社にはあるのに自宅にはない物が多く、後から準備しておけばよかった…と後悔することもあるのでぜひチェックしてみてください!

  • リモート用のPC

当然ですがまずはリモート用のハード機器が必要です。
私は自宅のデスクトップPC(Windows10)を使用しています。
会社から貸与される場合もありますが、私物を使う場合はウィルス等に感染してないか事前に要チェックです!

  • PC環境の準備・接続確認(会社&自宅PC)

リモート接続でオフィスのPCを使用する場合、必ず事前にPC同士の連携・接続テストをしておきましょう。
また、接続先PCの予期しないWindowsアップデートを防ぐために、前日にWindowsアップデートを手動で確認・実行しておきます(アップデート中はPCが使用できなくなるため)。
再起動によってIPアドレスが変わらないように、固定IPを設定しておくことも有効です。
(めったにないケースですが…)

  • ネット環境

インターネットが利用可能か、また通信速度は十分に足りているかを確認しておきましょう。
通信が遅いと、作業中に動作が遅延したり、接続が切れてしまったりするので要注意です。

  • 作業しやすい机、椅子

会社と違い、自宅の作業環境は椅子の種類や机の高さなど、長時間労働に向いていないものが多いです。
特に椅子は安物だと、背中や腰、腕、お尻がかなり痛くなります…(経験済)
あらかじめ使いやすいものをチョイスしたり、クッションなどで調整を!

  • ヘッドセットマイク

Web会議や、コミュニケーションツールで人と話す場合に重宝します。
会社にいるのと同じように会話ができるため、チーム単位でのミーティングや、ちょっとした確認事項にも活用できます。
ノートPCにはあらかじめマイク機能が付いているものもありますが、音質が悪く聞き取り辛い、周囲の物音も拾ってしまうことがあるため、事前に音声テストをしておきましょう。

  • マウス、キーボード、ディスプレイ

マウスやキーボード等の周辺機器の使い心地は、作業速度に思いっきり影響が出ます。
使い慣れたものを準備しておきましょう。(マウスパッドも地味に必要だったりします)

テレワークの注意点

自宅やオフィス外で仕事が出来る便利なテレワークですが、オフィスで仕事をするより、情報漏洩のリスクが高くなることは否めません。
そのためにも、セキュリティ対策は必要不可欠です!

まずは重要書類やデータは、安易に他人が見られるように残しておかないこと。
そのままごみ箱に捨てず、当然ですがきちんとシュレッダーに掛けましょう!

そして、会社貸与のWi-Fiや、セキュリティで保護している自宅通信など、暗号化されたネットワークを使うことが好ましいです。
特に、セキュリティで保護されていないフリーWi-Fiは使用は避けましょう。
詳細は下記記事を読んでみてくださいね。

テレワークWi-Fiセキュリティ講座

お役立ち情報カテゴリの最新記事