テレワーク体験記

コワーキングスペース&グルメツアー in 福岡 part4

ここからは、実際に利用したワーキングスペースとグルメレポートです。

7/23(月) (1日目)

午前
Co-work & Share. H, FUKUOKA(11号室) 無料

月曜は10:00から技術ミーティング、11:00~執行会議があるので、午前中は安定してネットが繋がって、なおかつ確実に声が出せる場所を選択。正直このホテルで1週間引きこもって作業でも良いが、せっかく福岡まで来たのにもったいないのでミーティングがある時だけここを利用することにする。

◯良かったところ◯
・自分1人しかいないので静か。イヤホンで遮断する必要がない。
・空調は自分で好きなように調節できる。
・密室なので周りに気にせず声が出せる。

△残念だったところ△
・イスと机のサイズがちょっと小さい。
・イスが硬いので結局ベッドをイス代わりに使っていた。
・飲み物は自分で用意しないといけない(当たり前だが…)。

どちらのミーティングも無事参加できたが、突然回線が途切れることが何回かあった。あと、マイクの音量が小さいのと音質がかなり悪いことが指摘された。調べたところ、音量が小さい問題はリモートデスクトップに繋ぐ側(音声を入力する側)のPCのマイクブーストが無効になっていたことが原因、音質が悪いのは、音声入力をリモートデスクトップで飛ばした先のdiscordでチャットをしていたのが原因とわかった。他に、ホワイトノイズが入るのもあったが、イヤホンマイクなのでこれは仕方ないかもしれない。USBマイクならクリアな音質になると思われる。

ランチ
「ひょうたん寿司」 旬のおまかせにぎり ¥2,270(税込)
にぎり10種+茶碗蒸し、カニクリームコロッケ、貝汁のうち2つ選べるセット。今回は茶碗蒸しとカニクリームコロッケを注文。
カウンター席だったので、目の前で板前さんが握ってくれる形式だった。ネタはどれも新鮮で、マグロのトロの脂の甘み、ホタテの柔らかさ、うにの舌でとろける食感が印象的だった。

茶碗蒸しは写真で見る通りかなり大きく(2人前くらい?)かなりの食べごたえ。カニクリームコロッケは蟹肉とクリームが1:1くらいの割合で入っていて、久しぶりにちゃんとしたカニクリームコロッケを食べた気がする。周りにある赤いのはトマトソース。(箸で切ったところはグロ画像なのでなし笑)

午後
ヨカラボ天神
天神駅から徒歩4分(公式)のところにあるコワーキングスペース。隣の赤坂駅からも泊まっているホテルからも同じくらいの近さにある。

看板はビルの入口にあるこれだけ。最初からここにあることを知らないと気づきにくい…(汗) エレベータに乗り9階へ移動。入口の扉を開けると…

意外と広めのフロア。会社のオフィスにあるようなテーブルもある。受付のお姉さんに話しかけて利用手続きを済まし、施設利用時の説明を受ける。
営業時間:9:00~23:00
利用料:500円/時、最大1500円/日。途中退出可。
会員登録:必須

設備:
・ソファ席(電源なし)
・窓際、大テーブル席(電源あり)
・ドーナツ型の大きな円卓(人が座っていて撮れなかった)
・会社にあるようなオフィスデスク。(月額会員向け。私物が普通に置いてあった)
・自習室(電話、会話禁止)
・会議室(要予約)
・喫煙室
・無線LAN、複合機、3Dプリンター
・フリードリンクあり

その他:
・店内BGMはなし。
・ロッカーは契約者専用。
・書籍、マンガの数がかなり多い。本棚が2,3箇所に分けておいてあった。
・異様なまでにフィギュア、プラモデルが多い(おそらく100体は行く)。店長の趣味?
・アクアリウム
一通り周って写真を撮り、電源付きの窓際の席が空いていたのでそこに座る。席からの視界はこんな感じ。ビルの9階なのでそれなりに見晴らしが良かった。

電源は2つ穴コンセント×2、他に有線LANが付いていた。
客層は、フリーランス、サラリーマン、大学生が少しと言ったところか。僕の隣に座っていた人は、ずーーーっとジョジョを読んで、たまにメールチェックと電話対応していた。漫画喫茶の感覚なのかもしれない。
◯良かったところ◯
・設備が比較的新しい
・フリードリンクがファミレス並み。この店舗の売りらしい。
・ビルの9階なので窓際席は眺めが良い。
・書籍の数がかなり多い。技術書も結構な数置いてあった。

△残念なところ△
・席によるかもしれないが空調の音がうるさい。イヤホン必須。
・フリースペース席は声が出せる雰囲気ではない。会議室は要予約。
・フリースペース、契約者用の席、自習室の境目がない。私物がない席は座りそうになる。

ディナー
「元祖めんたい重」 飯麺吸セット \3,650(税込)
午前中に行こうとしたら、炎天下にも関わらず外に7,8人並んでいて諦めた明太子のお店。夜に行ったら普通に空いていた。
お店に入ると、いきなり明太子の辛さを選ぶという不思議なお店。辛さは4段階。おすすめの2段階目の「旨辛」を選択。

おぉ~なんかすごい!

お重は旨辛タレ(左上の水色っぽい器)をお好みの量かけて頂く。ちょっとだけピリ辛で明太子とご飯によく合う。

つけ麺の汁は明太子が既に溶かしてあってこちらもちょっと辛め。明太子の粒の1つ1つがしっかりしていているのが舌触りでわかる。最初は海苔の上にある粉末は溶かさずに麺に絡ませて、味が薄くなってきたら溶かす。

お吸い物は鶏ガラスープで、底に豆腐が沈めてある。写真では隠れてるが、途中でちょい足しする明太子があって、途中で味を変えて楽しめるようになっている。
最後に、つけ麺の汁に割りスープを入れて飲むこともできる。(流石に鍋1つ分は飲みきれなかった…汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です