テレワーク体験記

コワーキングスペース&グルメツアー in 福岡 part5

7/24(火) (2日目)

午前
Co-work & Share. H, FUKUOKA(3階コワーキングスペース) 無料

今日は、夜にネットの知人と飲みに行く約束をしてあるので、早めに上がれるようにこのホテルに付いているコワーキングスペースを利用することに。予約も要らないし、エレベーターで移動するだけですぐ行けるので、暑い中歩く必要もないしものすご~~く便利。

デザイナーズマンションみたいにおしゃれな雰囲気。ソファ席は電源なし。
カフェスペースはは全てセルフサービス。紅茶・緑茶・デロンギのエスプレッソマシンなどが置いてある。
クイズ番組のひな壇みたいな席(全席電源あり)

ひと通り見て回ったところで、今日の席はココに決定。人がいないおかげで電源も全て使えるので安心。あとUSB用があるのは助かる。

営業時間:8:00~21:00、契約者は23:00まで?
利用料:ホテル利用者は無料。途中退出可。月間・年間契約者のみ。
会員登録:不明
設備:ソファ席(電源なし)、ひな壇席(電源あり)、
長机席(電源あり。イスが高い席と低い席がある)、
サイドテーブル席(電源あり)
会議室(要予約)、ロッカー(契約者のみ)、カフェスペース
フロア専用Wi-Fiあり。

ランチ
うら本 赤坂店
昨日はランチ・ディナーで5,000円以上使ったので、もっと手頃なお店を探すことにする。片道10分弱の800~900円くらいの安めのところを発見。炎天下の中歩いて行ったまでは良いが火曜日はお休み…。googleマップの営業時間信じたのが間違いだった…(後で食べログで調べたら火曜休みってあった)。仕方ないので、近場の「ランチがやっている」お店を適当に探すがなかなか見つからず。そしてようやく見つけたのがこのお店。看板が小さくてちょっと分かりづらい。けど和食で美味しそうなお店だったので入ることに。

ん~日本家屋を改装した、とても雰囲気のある店内。夜はデートにも良さそうですのう。

庭が見える窓際席に案内され、座るといきなりメニューが置いてある。どうやら今日はこれしかないらしい。きっと「福」は見せ球のはず……昨日はお寿司を食べたので、黒毛和牛が食べられる「季箱会席 吉」を注文。

季箱会席 吉 2,150円(税込)
じゃことピーマンの炒め煮   しらたきそうめんゼリー

黒毛和牛陶板焼き
少量だけど、その分柔らかくて美味しい

メインディッシュのプレートと箱盛り。ご飯はじゃこ飯。
プレートで料理が終わりと思ってご飯と味噌汁を全部食べ終わっちゃったけど、おかわり無料だったのでご飯だけおかわりしたw
1つ1つは少量だけど、15品もあったので意外とお腹いっぱいに。
和食は普段食べない食材を美味しく食べられるのが良いですね~。

午後
Co-work & Share. H, FUKUOKA(3階コワーキングスペース) 無料
午前に引き続き、同じ場所で作業を行う。ソファ席にちょっと座ってみたが、ソファの高さとテーブルの高さが同じでとても作業できる席ではなかった。やはり休憩や面談向けの席か。午後は内覧希望者なのか面接なのかわからないが、ソファ席で仕事っぽい面談をする人が3,4組利用していた。あと、午前と同じ席にずっと座ったせいか、午後はイスの座面の革が伸びてきて形が変わってきてしまった(キャンプで使う折りたたみイスみたいな感じに)。やっぱり普通のイスがいいです…汗
ちなみに客層は、男女比8:2くらい。フリーランスっぽい人がほとんど?といったところ。

◯良かったところ◯
・スペースで作業する人は少ないので集中できる。
・店内がおしゃれ&新しいのでキレイ。
・移動時間を気にしなくて済む。忘れ物しても問題なし。

△残念だったところ△
・おそらく内覧希望の記者やフリーランスの人がちょいちょい来る。
ソファ席でミーティングだけ利用する人もいる。イヤホン必須。
・とは言え静かなときもあるので、あまり気軽に声を出せる雰囲気ではない。
・イスの座る部分が革1枚で、長時間座ると太ももが痛くなってくる。

ディナー
もつ鍋 前田屋
今日会う予定のネットの知り合いに、博多・天神の有名な食べ物を聞いたらもつ鍋を教えてくれたので、もつ鍋の飲み屋にすることに。
※ピンボケだったのでストリートビューから
かなり分かりづらい入り口と、物凄く登りづらい急な階段を登りお店に入る。古い和風の内装を全面に押し出す店内でこれも雰囲気のあるお店。早い時間帯だったので一番奥のカウンター席に案内された。(写真撮り忘れたので食べログのサイトで内観を見てくださいorz)
まずは、明太子はお店によって違うよーと知人からおすすめされたので、このお店の明太子を注文。確かに昨日食べためんたい重とはまた違った味と食感。飲み屋仕様だからかちょっと味が辛め&濃い目?お酒が進む。

次は「がめ煮」。筑前煮のようなものと同じでここではよく食べられる郷土料理。甘い醤油で味付けされている。

メインのもつ鍋。みそ・醤油・唐辛子の3種類のスープを選べる。知人曰く醤油がスタンダードらしいので醤油で注文。具材のだしがしっかりと出ていて、スープだけでも十分美味しい。もつは脂多めな感じで柔らかい食感。もちろんシメは雑炊で。

ちなみにかかった費用はお酒も入れて全体で約3,500円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です